コスモス・セミナー

第1期 第2期 第3期 第4期 第5期 第6期 第7期 第8期  10 

11 第12期  13 
14 第15  16  17  18

 







 


 


 


 







 


 

 

  

                       12期 コスモス・セミナー (20119月〜20126月)
 

 
98 914
旅ごころ」

◆◆季節や年齢の節々に心に浮かぶ、旅の持つ「不思議な魅力」◆◆

ご本人の豊富な旅の履歴から始まりました。「知らない所へ行ってみたい」と言う好奇心、「日常生活から離れて何かを・・・」と の気持ちを満たしてくれるのが旅。

その旅をより楽しくするためにお勧めなのはちょっとした事前の勉強。それにより一層興味が沸き、想い出もより深いものになるとのことです。参加者配布用 にご自身で作成された「比較世界年表」は紀元BC30Cから1900年代にわたり詳細に記された大変興味深いものでした。旅に行くのは“好奇心”→好奇心は“元気の元”→好奇心を持ち続けることが“長生きの秘訣”。
 


 


新川 宏己(しんかわ ひろみ)

1953年鹿児島県生まれ。JTB入社後、JTB LONDON勤務、JTB海外パッケージ「LOOK」商品会社を経て、2002JTB International Canada勤務。取締役。


 
99 1012
トーテムポールの世界〜今・昔」

◆◆世界遺産の島への招待◆◆


BC州北部沿岸沖にあるハイダグワイ(旧名クィーン・シャーロット諸島)。その南端に位置するスカングウェイ(アンソニー島)は1981年に世界遺産に登録されましたが、その紹介を含め、トーテムポールの彫刻・建立に係わってきた北西沿岸先住民の各部族やトーテムポールのさまざまな形態、目的による分類等を細川忠俊講師が豊富な映像と資料を基にお話くださいました。

北西沿岸先住民の豊富な食糧(海の幸)がその文化発達を後押ししたこと、白人との出会いによる先住民世界の盛衰なども学びました。やがては風化し朽ち果てるであろうトーテムポールに思いを馳せた、芸術の秋に相応しいセミナーでした。

 

 


細井 忠俊(ほそい ただとし)

京都府出身。横浜市立大学文理学部で国際関係論を専攻。東京の商社で一年勤務後、UBCへ留学し、修士号(歴史学)を取得。UBC、バンクーバー・コミュニティカレッジで講師を歴任後、ダグラス・カレッジ国際教育センター責任者となり、2007年3月に退官。現在は世界各地への旅行や写真を趣味とする傍ら執筆業を営む。


 
100 119
100回記念講演「言葉で輝く」

◆◆こんなに素敵に変えられる、あなたの会話◆◆
  

コスモス・セミナー100回記念講演がセミナー主宰、大河内南穂子を講師に催されました。『言葉で輝く』“こんなに素敵に変えられる、あなたの会話”と題した講演は単に話し方にとどまらず、表情、目線、所作等トータルなコーチング要素をふまえて多岐に渡り、時には参加者と実習を交えたユニークな形で行われました。

 “南穂子流メソッド”に会場は始終笑いに包まれながらも、日ごろの話し方を省みるセミナーでした。『話し方に表れる人の魅力!』『基本は話し手と聞き手のキャッチボール!』『目的を意識して分かり易く、言い方を格上げする!』等々、胸に刻むものが多く即、実践したい事柄が多々ありました。

セミナー終了後、お招きした 伊藤秀樹在バンクーバー日本国総領事、池田洋一領事ご夫妻、これまでセミナーの講師をしていただいた方々、お祝いに駆けつけてくださった皆さまを含め約
120名の参加者と軽食をいただきながら100回記念をお祝いしました。




 


大河内 南穂子(おおこうち なおこ)
コスモス・セミナー主宰
 

http://www.naokocanada.com/

 

 

101 28
パソコン ・インターネット活用術」

◆パソコンはもっと楽しくなる◆

パソコンの世界を経験するとその便利さと奥深さにのめり込む昨今ですが、薮田雅子さんがさらにそれを広げてくださいました。

日本の
TVやラジオの視聴、スカイプでのテレビ電話、デジカメ写真の加工を実際の画面を使って解説いただきました。また、検索機能の絞り込み、Googleのツール群(Gmail、スケジュール管理、地図、ドキュメント)、オンライン辞書と百科事典、ウイルス対策からパスワードの管理等、便利な使い方を多岐にわたり教えていただき、使いこなせば更にいろいろなことが出来ると分かりました。
 
会員以外にも多数の参加者があり、皆さんの関心の深さが伺われるセミナーでした。



 

薮田 雅子(やぶた まさこ)

日本で長年システム構築・開発の仕事に携わる。その後カナダにてウェブデザイン、インターネットプログラムを学び、現在、インターネット関連サービス会社を経営。
http://www.neosite.ca

 

102 314


毎日の生活を素敵な写真に!」

◆写真の撮り方から撮られ方まで
プロカメラマンの撮影テクニック教えます◆

日付設定の大切さ、一眼レフの利点、構図(3分割法、黄金比)背景をふまえた上での各種写真の撮り方、フォトショップの便利な機能等を大きなスクリーンを見ながら勉強しました。さらに各自持参したマグカップをテーブルの上に置き、撮り方のテクニックを実習しました。

『撮られ方』のコツとして教えて頂いた“タオル絞り”の術や“写心(自分の心を写す)をキーワードに写真の楽しみを深めたセミナーでした。

 


斉藤 光一(さいとう こういち)


長野県上田市出身。フリーランスの写真家として、挙式撮影からペット撮影、英語学校、カレッジのパンフレット、日本の留学雑誌など新聞、雑誌関連から映画スティールフォトまで撮影の仕事は多岐に渡る。日本、カナダ、ヨーロッパなどで写真展開催多数。数年前より写真チューターも実施している。

 

103 411


韓国」

◆日本と韓国のこれから◆

韓国の概要、日韓関係を考える意味、日韓関係の流れ、90年代の政治、経済の急成長が転換点となり今の韓国になったこと、文化開放による双方向の交流の深まり、「韓流」とは、に至るまでを幅広く学びました。

「近くて遠い国」の隣国が、いわゆる韓流ブームの火付け役となった「冬のソナタ」の功績、それに伴う人的交流の増加なども興味深くお話くださいました。

最後に日韓関係のこれからとして、「今後も様々な分野での人的交流を更に拡大していくことが重要。課題もたくさんあるが、話し合いで筋道をつけながらそれぞれ発展していけば・・・」と締め括られ、ホットなセミナーを終えました。




 


池田 洋一(いけだ よういち)

在バンクーバー日本国総領事館


神奈川県出身。1988年外務省入省。朝鮮半島、日米安保条約を担当。在韓国日本国大使館、在釜山日本国総領事館を経て2009年10月に在バンクーバー日本国総領事館に着任。

 

 

104 59
クオリティー・オブ・ライフを高めるために」

◆高血圧、メタボリック・シンドロームなどについて◆

高血圧の恐ろしさは、心筋梗塞、狭心症などの合併症を招くことにあり、一日に約10万回動く心臓を守るためにも高血圧のきちんとした治療が必要とのこと。また、肥満には内臓脂肪型(りんご型)と皮下脂肪型(洋梨型)があり、メタボリック・シンドロームは前者のタイプの肥満である。それはモンゴロイド人種の遺伝子を持つ日本人の宿命で、飢餓に強く、飽食に弱い体質を持っているとのお話がありました。寒天の効用のお話と共に大変興味深いものでした。 

クオリティ・オフ・ライフを高めるためには病気にならない、なったら治すが大切である。とは言っても、われわれは何時かは死を迎えることになる。どうしたら幸せな死を迎えられるか、それぞれが自分の答えをみつけなくてはならない。  

「今を楽しみ、命を輝かせてほしい」とのお言葉を肝に銘じたセミナーでした。

 


松井 豊(まつい ゆたか)


1966年 横浜市立大学医学部卒業。その後、京都府立医科大学でインターン、横浜市立大学医学部病院で研修。神奈川県立成人病センターなどに勤務。1978年より横浜市内で開業。2001年、開業医を引退。バンクーバーに転居。

  

 

105 613


特別企画 「香道へのいざない」

香りに遊ぶ至福の時◆

講師:御家流香道 宇野京子師範

御家流香道 宇野師範が、香りの歴史や香道の説明のみならず、実際に香木を焚いてくださいました。香道の作法と楽しみ方を教えていただき、香りで表現された主題を鑑賞し、その世界に遊びました。日常の雑事からしばし離れて、ゆったりと心洗われる幽玄な時間を体験しました。

 

 

 

第2部 「 ミニ コンサート 」

バイオリン奏者 竹田 志麻さん
チェロ奏者 レイン ロングトンさん
 


宇野 京子(うの きょうこ)氏

翠風流香道入門後、香道御家流柿園会、養老露光門下に移籍。現在に致る。香道歴24年。養老露光より皆伝取得し師範となる。大人の女性が総合的に楽しみながら学ぶサロン開設準備中。
神奈川県藤沢市在住。

 

竹田 志麻 (たけだ しま)さん

Royal Conservatory of Music of Toronto の最高位の資格を得た後、ビクトリア大学に進学。フリーランスのバイオリン奏者として、広く北米各地で色々な演奏家と共演している。ビクトリア在住。現在は Victoria Symphony に所属。コスモス会員竹田麗子さんのお嬢さん。

Laine Longton(レイン ロングトン)さん

ビクトリア大学より演奏及び音楽論における音楽学士の学位、イリノイ大学より音楽修士の学位を取得。来年ブリティシュ・コロンビア大学の音楽プログラムの博士課程に進学予定。

   



Top