コスモス・セミナー

第1期 第2期 第3期 第4期 第5期 第6期 第7期 第8期  10 

11 12  13
 14 15  16  17  18 第1

 







 


 


 


 







 


 

 

  

                         第19期 コスモス・セミナー (20189月〜20196月 )
 

 

149 612日


フランス菓子に関するお話しと(実演)ストロベリーショートの作り方

帝国ホテルを皮切りに世界の名だたるホテルでパティシエをされた講師が、今までお作りになった著名人のウエディングケーキやいろいろな形の記念の作品を映像と共にそのエピソードをご紹介くださいました。また、伝統の焼き菓子の数々の説明がありました。
そして参加者お待ちかねの実演に移りました。ここからは奥様の朝田友子さんが助手としてご一緒してくださいました。まず基本の“スポンジケーキ”“カスタードクリーム”を配布されたレシピと作る過程の映像を見ながらちょっとした技、コツなどを教えてくださいました。次にご用意くださった、沢山のスポンジケーキ、道具類、苺等を使い、“生クリーム”を実際に泡立て、その注意点、スポンジに塗る時のコツや裏技、小道具の使い方、出来上がったケーキの切り方もご伝授くださいました。更にはロールケーキの実演も見せていただきました。出来上がったショートケーキ、ロールケーキは参加者一同茶菓タイムに舌鼓を打ち、楽しさ一杯、笑顔一杯のセミナーでした。


 


 

 
 

 


朝田 長寿 (あさだちょうじゅ)さん

東京都葛飾区柴又出身。香川栄養学校製菓衛生士課卒業。帝国ホテル勤務の後、世界的に有名なスイス国立のリッチモンド製菓学校に留学。卒業後、ルッツェルンのコンデトライ・ワグナー、ジュネーブのホテル・デ・ベルグやホテル・リッチモンドにて勤務。1976年カナダに移住。ヒルトン、フォーシーズンズ、バンフ・スプリングス等のホテルを経て1979年バンクーバーに転居。ギゼラ・ペストリーに勤務後、リタイヤして現在に至る。

 

148 410


『ヴェネチア貴族の優雅な休日』

〜ヴェネトのビラを訪ねて〜

ヴェネトとはイタリアの州の一つで州都はお馴染みのヴェネチア。ヴィラとは別宅・別荘で普通の家屋とは造りが違うと幾つかの例(図面、実際の写真)を見ながら説明がありました。まず、ヴェネトのヴィラに先行する例としてトスカーナ、ローマの作例を挙げ、本題のヴェネトに続きました。いくつかのヴィラの外観や屋内の見事な騙し絵等の絵画を見ながら解説いただき大変興味深く聞き入りました。現存するヴィラは交通が不便な郊外、田舎にあることが多いので観光客でごった返しておらず、お薦めとのこと。著名な建築家アンドレア・パラーディオ(建築四書の著者)設計のヴィラは世界遺産になっているものもあり、船で幾つかのヴィラを巡るツアーもあるとのことで、彼の地に思いを馳せました。
普通の観光では行くことのないイタリアの一面に触れ、久しぶりで学生時代の講義に身を置いたような内容の濃いセミナーでした。

 

 

 


 

 


松本 明子(まつもとあきこ)さん

東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業(美学美術学専攻)。イタリア政府給費留学生として、パドヴァ大学留学。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了 専攻:イタリア美術史。元東海大学文学部文明学科、文化学院美術科講師(美術史、西洋美術史)。1995年よりバンクーバー在住。 コスモス会員。




 

147 313


あなたにもできる トラブル・シューティング

横道 それ太さんによるお話は、美容院で髪の毛に当てるスチーマーやIH内蔵の電磁波調理器具が心臓にペースメーカーを入れている方に危険との注意から始まりました。
水道蛇口の水漏れ、排水関係、ガーボレーター、トイレタンク、クロゼットドア、配電盤やコンセント等の電気関係等々を手書きの図面を画面に映しながら、幅広く家庭で修理に挑戦してみる知恵を教えてくださいました。途中、質問を受けながら進み、後半はあらかじめ寄せられていた質問にお答えいただきました。最後に、あると便利な道具類をご紹介くださり、随所に笑いを交え、実用的で大変役に立つ楽しいセミナーでした。
 

 

   

 
 

 


横道 それ太(よこみち) さん

広島県出身。1970年にカナダに移民。1981年までドイツ系機械工場に勤務。1982年からパートナーと機械工場を立ち上げて今日に至る。5〜6社の設備の修理とコンサルタントを続けている。

 

146 1114

『ホッと 温泉談義』 〜温泉ファン 全員集合!〜

少年時代にウエストバンクーバーの鮭缶詰工場でアルバイトをした折、俄か作りの五右衛門風呂との出会いから日本式のお風呂に興味を持ち、その後の訪日ですっかり温泉の虜になった講師の温泉行脚をジョーク交じりの楽しい語りで聞き入りました。
日本とカナダの温泉比較、カナダの温泉ベスト5、また、日本から来た温泉青年・佐々木豪さんとの温泉秘話、珍道中を佐々木さんと共に動画を交えた映像を見ながら紹介くださいました。カナダに居ながらにして日本の温泉文化を味わってもらいたいと、あちこち源泉を調査中の好青年・佐々木さんの夢を応援したいと参加者の誰もが思ったセミナーでした。


 

 

 
 

 


チャールズ・ランメル(
Charles Rummelさん

ウエスト・バンクーバー出身。19歳の時に東京大学への交換留学生として日本に初渡航。その後、日本で大学教授を務め、通算20年日本に滞在。その間日本のみならず、世界中の温泉を旅する。また「温泉文化経済研究会」を発足、会長として活躍。東北のテレビ局で露天風呂や秘湯を巡る番組にも出演。現在はリタイアし、カナダの秘湯温泉を回っている



 

145 912


人生の旅人へ送る薬剤師からのメッセージ』
〜薬と上手に付き合う方法〜

19期最初のセミナーは会員の大きな要望に応え 佐藤厚さん、千葉あゆみさん、お二人の薬剤師にお出でいただきました。
第一部『痛みとの上手な付き合い方』は市販の痛み止めの違い、副作用、間違った使い方の危険、等々。第二部『旅人につける薬』はトラベルクリニックとして旅行に行く際のワクチンの必要性や注意点、等々。 
そして第三部は事前にアンケートで募集してあった『あなたの疑問にお答えします』では、日頃から気になっていたことが解消され、幅広い知識を得ることができました。

今回セミナーの様子は今秋開催されるアジア映画祭短編ドキュメンタリー部門用に撮影され、会員の中から数名と今までの講師経験者のインタビュー場面も撮影されました。

また、来加中の宝塚OG四名が翌日の公演を控えご挨拶に来場くださいました。

茶菓テーブルには担当の皆さん手作りの和菓子等が並び、秋の気配を感じさせる演出も素晴らしく大好評でした。

 

 




 

 

 


佐藤 厚(さとうあつし)さん

新潟県出身。2001年星薬科大学卒業、2003年同大学院修了。2008年よりLondon Drugs (Gibsons, BC) 勤務。渡航医学知識認定、糖尿病指導士、禁煙指導士と多岐にわたる資格を生かしてクリニカルサービスを提供。

千葉 あゆみ(ちば)さん

宮城県出身。1996年東北薬科大学卒業。2014年、カナダでの薬剤師免許を取得し、2015年より、Terra Nova PharmaChoiceに勤務。古くより日本からの移民が多く定住したリッチモンドにて、日本語によるサービスを提供。


 

 

 


 


Top